理想的な子供部屋とは

子供部屋というとどれ位の広さが必要ですか?という質問をよく受けます。

私が子供の頃は6帖の子供部屋というのが一般的だったように思います。ご自身が6帖のお部屋で育ってきた親御さんは家を建てる時にも同じように6帖をと希望されることが多いですね。

 

でも実際には子供達は最初に与えられた部屋が6帖なら6帖、4.5帖なら4.5帖とそれなりに適応してくれるので土地や家の大きさや家族構成から考えていくのがいいと思います。

 

今の子供部屋のスタイルとしては大きく2通り。初めからちゃんと独立したお部屋を作るか最初は間仕切りなしの広い部屋を作り可変可能なお部屋にしておくか。既にお子さんの数が決まっていて性別が違う場合は最初から独立したお部屋を作ることが多いです。そしてその個室の大きさはどんどん小さくなる傾向にあります。後で書きますが、最近では子供達が自室で過ごす時間が減り極端に言えば寝るだけという家庭もある様です。それ位昔に比べて家族で過ごす時間を親御さんも子供達も楽しみ大切にする時代になったということでしょうか。

 

逆に同性の兄弟の場合はお子さんがまだ小さなうちは大きなお部屋にしておいて将来間仕切るというスタイルを好まれます。その時は暫くはお部屋を家族皆で寝る寝室スペースとして使うことも出来ますよね。また、まだ家族計画がきちんと出来ていないときは広い子供部屋にしておくことをお勧めします。小さなお部屋が沢山あっても使い方が難しかったり後に壁を作るよりも壊す方が大変だからです。

 

実際子供に個室を与える時期は様々ですが、小さなころはほとんど使いません。自分の部屋で過ごす時間が増えるのは中学生頃でしょうか。なので小学生の高学年くらいからでも部屋の間仕切りや机の設置等は十分間に合うと思います。

 

最近のデータによると小学生の約9割近くが勉強はリビングやダイニングでという統計が出ています。そこには色々な理由があると思いますが、親が子供とコミュニケーションをとりながらわからない所を教えたり一緒に勉強することで苦手ポイントを把握したり学校での様子を聞いたり理解できるようになるというのが大きな理由の様です。

 

何となく小学校の入学を機に学習机を買うというイメージですが実際にはおもちゃなどの物置スペースになってしまうお家も多々見られます(笑)そうならない為に子供が勉強できる小さなスペースをリビングやダイニングに作り、子供部屋にはまだ敢えて机を置かずにランドセルや勉強道具、おもちゃなどをきちんと整理できる場所を整えてあげるのがいいかもしれません。リビングやダイニングに作った勉強スペースはもちろんそれだけでなくお父さんやお母さんがパソコンをしたり持ち帰った仕事をするスペースとしても有効です。

 

 

  

 

 

 

 

思春期を迎えた子供たちはいつか一人になりたい時もやってくるでしょう。ですが、最近の子供たちは昔に比べて格段に家族と共に過ごす時間が増えていると思います。部屋にこもってしまうよりもリビングで家族と過ごす時間を子供達が自然と望んでくれたら嬉しいですよね。ただ子供部屋を与えるのではなくどこで何をするのか、どの様な生活スタイルを送りたいのかをじっくり考えてプランニングすることも大切です。プライベート空間と共有空間を上手に使って自然と家族が集うようなお家が出来れば素敵ですね。

 

 

 

→資料請求はこちら