Coco+n+famille Story

四季を考え、豊かに暮らすこと

Four seasons very beautiful.

~パッシブデザイン~

奈良は、古くから日本の文化が色濃く根付いており、そこに住まう人は四季を楽しみながら上手にその土地の気候風土と
付き合い生きてきました。四季は、自然と共に暮らしてきた日本人だからこそ大切にしたい風情です。

だからこそ、今の日本、奈良の家にもそのような四季と向き合い、自然を楽しむ暮らしを送れる家を造りたいという想いから
ココファミーユは生まれました。ココファミーユは、パッシブデザインという設計にこだわり、自然と調和する家づくりをして
います。太陽の光や熱、風といった自然のエネルギーを採り入れることで、エアコンなどの冷暖房機器を極力使わずに、快適に
暮らすことを目指した設計のあり方です。光、風、空気の質、質感、素材を徹底的にこだわり追求した自然素材を使った健康
住宅です。それを設計士と共にこの地域に合い、暮らしを楽しめることをコンセプトに考えて形にしました。

Coco+n+famille Story

住まい継げる家づくり

Succeed to live a house.

~木と漆喰の家~

私たちの家づくりのもう一つの大きなテーマが「木と漆喰の家」です。
天然の無垢の木とスイス生まれの天然本漆喰は人の心にとても馴染むものです。

なぜ、そこにこだわるのか?実は、日本の住宅寿命は27年と言われています。なぜ、27年なのか。新建材と言われる化学の力で生まれた
素材、便利で扱いやすく、値段も安いので確かにいい所かもしれません。けれど、そこに愛着は生まれるのだろうか?と考えたのが
家づくりの根本を考え直すきっかけになりました。自然素材は、住めば住むほどに味わいが増し、深みが出るものです。質感もいつまで
眺めていても飽きかが来ず、触れていたいものであると同時に、自分たちの手でメンテナンスすることができるものです。愛着の湧いた家を、
愛情を込めて手直しして暮らす。そんな家が増えれ 日本の住宅寿命は変わっていくかもしれない、変えていかなければいけないと考えています。
誰が住んでも、100年後に住む人が変わっても可変性があり、「なんだかいい家だな」と思える空間づくりをこれからも作り続けます。

Coco+n+famille Story

暮らしを楽しみ、健康的に暮らす

Enjoy the life , live healthy.

~家族が自然と集う場所~

そもそも家は、良い物を使ってオシャレに建てれば良いというものではなく、そこに住んでみたときに、心地よさを感じたり自然と
家族が家に集うようになることが家の役目だと考えています。ココファミーユの家は、暮らしを彩るたくさんの考えが盛り込まれ
ています。木と漆喰の家+Coco庭という考えです。自然な環境で自然と共に暮らし、自然と家族が集い、自分たちらしく豊かに暮らす。
ものに満たされることだけが本当の幸せでないということを、この家を通じて奈良や天理の人達に知ってもらえたら幸いです。

Coco+n+famille Story

PRODUCT POINTS

Series of Coco+n+famille